有楽という人

如庵内1昨年のNHK大河「真田丸」で人物像を歪められたという意味で残念な二人がいた。織田有楽斎と平野権兵衛長泰だ。井上順と近藤芳正が演じていた。

有楽は大阪城内で幇間のごときスパイ役を、長泰は剽軽な粗忽者となって描かれていたがあれでは歴史の真実から余りに遠い。

私の描く有楽斎とは争いを好まぬ、美と秩序に掛ける思いの強い人物であり、平野長泰とは公家の名家の血を意識した誇り高い人物である。

史実への探究者を心待ちにして、しばし修正の論を張りたいと思う。

 

まず茶人としての有楽を利休の弟子のように語る本が多いが、弟子と認められるほどの確証は無論、伝承すら殆どないのが現状だ。

有楽は若いころから武家の儀礼や建築に強い関心を持っていたようだ。後年秀吉前田邸御成りでは秀吉の指名により、室町将軍家御成りを基にした儀礼考証と指導を担当している程の実力者である。

紹鴎の茶に惹かれていた以外、どこまで侘びに共鳴していたか不明だ。

 

利休弟子説の出所は秀吉が茶の湯の習得を終えたころ、茶の湯修行の秘奥である台子の伝授を今まで利休にさせていたが以後は自分がやる、と言い出して皆がそれに従い秀吉の指導を受けた。

このとき有楽も伝授を願い出たところ、秀吉はどう思ったものか、そちは年来の巧者であるからわしよりも利休から受けるが良い、といって利休にお鉢を回すことがあったと古書は伝える。

これは年来の巧者に授けるおこがましさもあったろうが、今は家臣とはいえかつての主筋に対する遠慮もあったであろう。

 

有楽流の茶伝書「貞要集」にのる話だが、有楽を利休の弟子としたい人からするとこれが利休の弟子だという根拠になるのであろう。

 

有楽の項、つづく。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

茶室の出入り口:茶道口と給仕口

亭主側が使う茶室内への入口に、茶道口と給仕口があり、茶室の作りによっては茶道口一つで給仕口を兼用することもある。

どちらも透かし骨という手法で作られた切り引手(ちりおとし、とも呼ぶ)のある奉書紙による太鼓襖のスタイルだが、その高さと出入りの仕方には違いがある。

 

給仕口は主に懐石の料理の上げ下ろしに使い、襖をあけた初めから立って歩くという所作がないため、その高さも120センチ程度に抑えてある。何度かにじって懐石盆とともに膝を進めるようにして移動するので、狭い室にはよく似合う。

 

対して茶道口には給仕口のような溜め(遊び:見た目のおもしろさ)は必要なく、濃茶を点てるという中心主題の目的に沿った所作を無駄なく遂行するため、より機能性を増した構え(主に高さと形)の下を、立った姿勢で出入りする。なにより主人の点茶に至るまでの、そして点茶を終え舞台より退くまでの所作を速やかに進行させるべく考えられている。

 

以前にこの項で、大男の利休が五尺(150センチ)程度の低い茶道口を考案したことを書いた。なぜこれ程低くしたのか、当時の利休の茶会記録からその訳が分かりはしないかと、以前より捜しているのだが・・。

180センチ以上あったという利休の身長であれば30センチも頭をさげるのだから、それは潜(クグ)るというより身を折るように屈んで入ったことだろう。かなりの無理な姿勢だ。

 

利休自身にこの姿を見せまいとする意図があれば、足の不自由な息子道安が工夫したような点前座のまえに仕切壁を付けて出入りの姿を見せないようにすることも可能だったが、そうはしていない。

いっぽうで、この不自然さを多くの茶人が目撃している筈なのに、同時代の茶会記録にこのことを伝える記事がいっさい見当たらないことは、なにを意味するのだろう。

 

多少のヒントがあった。

 

福島正則という武将は日頃から茶が嫌いであった。あるとき利休の弟子となり茶に打込んでいる細川忠興に向かい、「お前ほどの男があんな茶頭風情に教えを乞うとはどういう訳だ。」と聞くので、忠興は嫌がる福島を利休の茶会に連れて行く。一会を終えて出てきた福島は大変な驚きようで「人を前にして、あれほどにこちらの気持ちが攻め込まれたことはない。じつに恐ろしい男だ。」と感嘆したという。多少の形の不自然さを物ともしない優なるものが一会を共にした者の胸に迫り、批評の軽口を封じさせるのかもしれない。

 

茶室出入り口の項、つづく。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

有楽の茶室如庵

日本の国宝茶室。戦前の茶室では国宝指定されたものが10棟以上あったのだが戦後そのほとんどが重要文化財に格落ちとなり、わずかに3棟のみが国宝として残された。

それが千利休の待庵、織田有楽斎の如庵、小堀遠州の密庵である。

 

残った条件は伝来の確実性、材の取替えや度重なる修補がなく創建時の材料がよく残されていること、そしてなにより作成者の人物が歴史上に一定の価値を有していることが大きいであろう。この3人の茶人のうち利休・遠州に比べ、これまで織田有楽斎という人物が注目を受けることが少なかったが、近年井上靖の「本覚坊遺文」や映画「千利休」で桃山の茶人が描かれ出すに従い茶人としての有楽斎が語られ出した。

 

茶室如庵(ジョアン)は有楽斎晩年の二畳半台目(正確には二畳半台目板入り席というが)茶室で、それまで様々な独特の創意をいくつも試みてきた有楽の茶室の完成形である。

床脇のうろこ板という三角の地板で奥行を錯覚させ、向切炉の前に火灯型に刳り抜いた板を入れたことが結界のように働いて、点前座を客座から心理的に控えさせているという、しかしそれらの工夫が少しづつ視覚に効いてうるさいものにならず、まるで4畳半のようなゆとりを感じさせる点で、工夫に富んだ有楽らしい成功を収めている。

 

 

この茶席に心酔していた村野藤吾が各所で様々なバリエ-ションを展開しているが、よほど建築家の空間心象を刺激してやまないと見え、今もこれに挑む設計者が跡を絶たない。

古くはあの尾形光琳が京の仁和寺に遼郭亭という如庵の写しを作っているので、数寄屋に及ぼす桂離宮同様、時代を超えた刺激を茶室建築に与え続けているということだ。

 

有楽の項つづく。

MV06

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

山県と伊集院のこと

 

明治の中頃の数寄屋世界で、山縣有朋と伊集院兼常の関係がおもしろい。伊集院が初耳の人には説明がいるかもしれないので簡単に。

 

生家は薩摩藩の門閥で、幼少時から藩主・島津斉彬の期待を受け少壮建築官僚として育英されたという。

幕末の混乱期、焼打ちで消失した江戸藩邸を短時日で完成させたのが弱冠二十歳。相当優秀だとわかる。

維新後は明治政府で建築実務・行政を牽引。(コンドル設計の鹿鳴館も実務指揮している。)

官界を辞してからは在野の広い交友のなか、渋沢・藤田・大倉ら財界から乞われて日本初のス-パ-ゼネコン 日本土木会社(大成建設の前身)草創期の社長に座ったこともあった。

それらの仕事とは別に、造園・数奇屋に堪能で当時の貴顕の依頼で邸宅を設計、他方、趣味で造り続けた自分の別荘が対流山荘はじめ10件ときかずDSCN8197_3313、また西欧化の波ですっかり廃れた茶道界の興隆を図るなど、多方面で活躍した。

 

長州の山縣も造園と建築については人から一目置かれる見識を誇っていたが、この伊集院の前では弟子が師父に対するごとく日ごろの強気を遠慮して、伊集院の自作への評価を気にしていたという。もとより山縣は東京へ戻れば時の長州閥のトップとして政府をけん引してゆく重責を負っていたが、それにしてはよくこの南禅寺畔や木屋町辺に出没する暇があったと、その熱心さに感心する。兼常は釘隠しなどの金物も自らデザインするなどはお手の物だが、さすがに山縣にそこまでは無理だったようで、兼常が木屋町の自宅に作った欄干の十字金物を、無鄰庵でも見ることができる。ふたりの作には、一方でそんな関係もあるのだった。

 

兼常の対流山荘の隣に作った山縣の無隣庵を、「なかなかうまくなった」と兼常に評された有朋は「兼常がこう言った」と、周囲にうれしそうに吹聴したそうである。

山縣も兼常に負けぬ多作ぶりで目白椿山荘・小田原古希庵と今に残している。

 

この二人は広くもない京都加茂川周辺を次々と相手の居場所を追うように別荘の新築・引越しを繰り返している。

これに絶えず随伴した庭師があの伝説的名人「植治」で、この人の聞き書きを読むと山縣は名人、伊集院は「今遠州」で不世出とあり、随分と教えられたとのこと。二人と別に中井弘という政界人がいて、これもまことに名人(奇人としても有名だった)と感心している。よき時代の見識高いパトロンと腕自慢の職人の理想的出会いであった。

 

山縣と伊集院。このふたりなどは名が残るだけあって際立った手腕を身に着けていたが、大工や庭師も感心するような指導力と見識をどこで学んだものか。

もとより好きな道ではあり、今とは比較にならぬほど、名建築・名庭園をもつお屋敷がふんだんに残っていて、これらをを見る機会をすすんで利用してきた経験の蓄積そのものであったろう。

数寄屋好きにとっては、まことに良き時代であった。

 

 

対流山荘はその後転々と所有者を変えながら今でも健在で、植治の庭も滝の音を響かせてほぼ昔の姿を見せている。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

茶室の思想性ということ

茶室に要求される思想性とは

 

松籟(ショウライ)

 

松の幹を吹きすぎるときの風の音鳴りをこう呼ぶが、お茶では釜の煮え湯の立てる音をこれにに見立てて松籟といい、みな無言のうちに、これに聴き入って観賞する。

こうした静寂と向き合えるのも、それを妨げない茶室の簡素なさりげなさが、一同の沈黙を一層この場にふさわしいものに思わせてくれるからだ。

 

このように茶室には思想性(仏教、主として禅思想の簡潔さ)が付加してくる分だけ見た目の抑えた雰囲気(質素さ)が要求されるので、そこが住宅や店舗などの、他の数奇屋建築と異なるところである。

 

手間の掛かると思わせる仕事ぶりは避けられ、飾らない簡易な技法で作られたものがふさわしく好もしい。

 

建具でいうと、住宅なら障子組子の桟にメン(ボウズやクデの)をとることが上等仕事であるが、茶室ではスグミと呼ぶ直角のメンなしの桟が一般的である。

これは、メン取りは手が掛かる分立派には見えるが、質素から外れてくるので相応しくないという判断がはたらくからだ。障子の付け子も同様である。

 

(茶室内の質素の演出ということでは招かれた客も、服飾から話題まで趣旨に沿うものであることが期待される。時計や指輪など光物は入席前に外しておくのが常識だ。)

 

しかし、事には例外もあるという話を。

 

小堀遠州は利休後の武家茶を推進した大名茶人の一人だが、大徳寺の国宝茶室「密庵 ミッタン」では硬い様式である筈の書院風と茶室本来の草庵風が互いに影響しつつ合体した姿を見せている。

狭い茶室に長押を付けたり、障子を赤と黒の漆で塗り分けたり、襖壁である貼付壁と土壁を上下で組み合わせたりと、のびのび自由にデザインしている。

 

基本を知るとこういう応用も有だ、という見本のような茶室なので、興味をもたれた方は図書館ででも、ぜひご覧を。dbe71694f0120e1e3e6b599597f8d48d

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

利休の直面した小間縮小の問題

  • さて、小間縮小の過程で対面距離の問題(息苦しいほどの距離)を利休はどう解決したのだろうか。

すでに珠光が一休禅師と出会い、その影響を茶の中に展開(例の“藁家に名馬”も禅の持つ価値観の展開であろうと思うし)していったように、その後の紹鴎・利休も臨済禅の“洗礼”を受け、禅の習慣・思考法は桃山の茶の世界に浸透していたとみてよい。

禅堂での生活は修業ならざるはなく、言葉を切り詰め、音を合図に殆どが無言のうちに進行してゆく。僧の沈黙は日常のことでその思考は己の中に還元されてゆく。

ここに、対面恐怖のような緊張が生成する余地があるだろうか。

 

しかし、かつて修行の経験を積んだ者が多いとはいえ、俗人も混じる茶事の中で相手にも修行中の僧のようなは振舞いを期待することはできまいが、利休と同調者(本覚坊や山上宗二など)の茶会では、言語不用の表現を展開していたことだろうし、利休は町衆や武家衆にも同じ方向での茶会のあり方を啓蒙したかったのではないだろうか。

 

たとえば後の遠州の茶の多彩さを思うと、秀吉ならずとも、これは厳しいお茶だといわざるを得ない。

 

花をのみ 待つらむ人に やまざとの  雪間の春の 草をみせばや

 

これが、利休が自分のもつお茶の心として、たとえに引いた歌である。

見ていたいのは爛漫の桜などでなく、わずかに兆す希望の芽が感じられればそれで十分としているのだから、これは修行中の僧がちらりと明るい想念を浮かべた程度のものであり、やはり緊張を解いていない。

 

晩年の利休が茶会に求めた境地とはどんなものであったろう。

博多の豪商・神谷宗湛はそのころの茶会に呼ばれることが少くなかったが、利休はその前で秘蔵の橋立の茶壷を二畳の座敷にごろんと投げ出して見せている。

この茶壺は秀吉が何度も利休に所望して拒まれているものだが、ここでは相手が宗湛であるところが微妙だ。朝鮮出兵などで秀吉から急速に親しく迎えられている商人茶人だ。

これは利休賜死のひと月前のことで、すこし冷静さを無くしているようにも感じられる。0001

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京から全国で一戸建てや店舗など数寄屋建築や和風建築の魅力をお伝えする松原設計室ブログでご覧ください

近代的な建物が群居する東京でも、伝統ある和風建築の豊富な実績を持つ松原設計室のオフィシャルブログでは、当事務所が得意とする数寄屋建築をはじめ、和風建築の魅力をお伝えしております。
これまでの施工実績をはじめ、現在進行中の案件などのご紹介もしておりますので、数寄屋造りの一戸建てや店舗の建設、既存建物のリニューアルをご検討中の方はぜひご参考になさってください。
千葉県浦安市に拠点を置く松原設計室では東京をはじめ、ご依頼をいただければ全国各地に出張しております。今では希少価値さえある歴史と趣ある数寄屋造りや、純日本家屋の建築設計を承っております。和モダンのマイホームなど、幅広いご要望にもお応えできますのでお気軽にご相談ください。