利休の直面した小間縮小の問題

  • さて、小間縮小の過程で対面距離の問題(息苦しいほどの距離)を利休はどう解決したのだろうか。

すでに珠光が一休禅師と出会い、その影響を茶の中に展開(例の“藁家に名馬”も禅の持つ価値観の展開であろうと思うし)していったように、その後の紹鴎・利休も臨済禅の“洗礼”を受け、禅の習慣・思考法は桃山の茶の世界に浸透していたとみてよい。

禅堂での生活は修業ならざるはなく、言葉を切り詰め、音を合図に殆どが無言のうちに進行してゆく。僧の沈黙は日常のことでその思考は己の中に還元されてゆく。

ここに、対面恐怖のような緊張が生成する余地があるだろうか。

 

しかし、かつて修行の経験を積んだ者が多いとはいえ、俗人も混じる茶事の中で相手にも修行中の僧のようなは振舞いを期待することはできまいが、利休と同調者(本覚坊や山上宗二など)の茶会では、言語不用の表現を展開していたことだろうし、利休は町衆や武家衆にも同じ方向での茶会のあり方を啓蒙したかったのではないだろうか。

 

たとえば後の遠州の茶の多彩さを思うと、秀吉ならずとも、これは厳しいお茶だといわざるを得ない。

 

花をのみ 待つらむ人に やまざとの  雪間の春の 草をみせばや

 

これが、利休が自分のもつお茶の心として、たとえに引いた歌である。

見ていたいのは爛漫の桜などでなく、わずかに兆す希望の芽が感じられればそれで十分としているのだから、これは修行中の僧がちらりと明るい想念を浮かべた程度のものであり、やはり緊張を解いていない。

 

晩年の利休が茶会に求めた境地とはどんなものであったろう。

博多の豪商・神谷宗湛はそのころの茶会に呼ばれることが少くなかったが、利休はその前で秘蔵の橋立の茶壷を二畳の座敷にごろんと投げ出して見せている。

この茶壺は秀吉が何度も利休に所望して拒まれているものだが、ここでは相手が宗湛であるところが微妙だ。朝鮮出兵などで秀吉から急速に親しく迎えられている商人茶人だ。

これは利休賜死のひと月前のことで、すこし冷静さを無くしているようにも感じられる。0001

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

利休の小間試行

先回、2畳小間には対人距離でいう「会話域」レベルの緊張感がある、という話であった。

因みに通常の会話距離は1.53.0メートルの「近接域」で行われ、これだけの距離であっても会話がなければ気まずい空気が生まれるといい、0.5以下「排他域」で絶対他人を入れたくない距離という。

紹鴎当時、京間八畳程度がまず小規模座敷の下限で、京間六畳がぎりぎりの対面距離であったというから、これを4畳半にまで詰めたことは思い切ったことだったのだろう。(義政の東求堂同仁斎が4畳半の始まり説になっているが、茶室であった確証がない。)そして更なる小間化を図り、ここを超えることは不自然さを座に持ち込むことになるので、先達も踏み切れなかったのだと考えられるのだが、わが利休はこの問題が草庵侘び化のための最大のネックとなっていることに直面して、平面上に炉の位置を工夫し、天窓で上方への意識を作り、天井の形状に変化をつけ(紹鴎までは平天井)、にじり口や茶道・給仕口で動きの工夫を作るなど、様々に試行錯誤したのであろう。にじり口を考案(朝鮮源流説はとらない)し、五尺(150センチ)程度の茶道口を標準高として、潜って入る亭主の姿を皆に見てもらうように企っている。

結局、最終的に利休は一畳半まで茶座敷の侘び化をすすめて、いまに今日庵一畳台目となって残る。

 

織田有楽斎も主客を離そうと、遣り違いという手法で二畳までは進めたが、客を苦しめるだけ、と結局646787362dbca51b25db6520564d1f40-e1423112901785放棄している。間が持たないほどの息苦しい距離感に至った、と感じられたのだ。有楽が拒否し、利休の飲み込んだものの差とは、つまりはこの主客の距離感の限界をどこに置くか、の差だったのだろう。武家育ちと商家育ちのもつ ”程の良い間合い” の差だ。利休の最期を淀に見送った三斎・織部とも武家だった。利休亡き後、利休のもつ人体尺度は消えうせ、武家共通の程のよさで茶室改革は安定期に入ったといえる。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

茶室の小型化ということ

茶室の小型化というこの主題については利休以前にも珠光、紹鴎という先達が試みたことがあり、どちらも4畳半にしたところで止まっていた。というのも、当時の座敷において面談する相手との対面距離というものがネックになっていたように思える。

人の周囲には目に見えないその人固有の領域があり、他者がそこへ入ってくると緊張を伴う距離感が無意識のうちに設定されてくることは、みな経験していることである。これはいまの心理学でいう”対人距離”が抱える問題で、多少の個人差はあろうが、研究者によれば、相手までの距離と心理の間には共通した平均値があるらしい。

二畳座敷で対面すると、主客は1メートルの距離で向かい合うことになるが、東大の西出氏の成果をお借りして言えば、この距離0.51.5メートルは「会話域」という分類で、会話することが強制であるような距離圧力を受ける、会話なしではいられない、若しくは会話がないなら何らかのそこに居る理由がなければいられない距離、だという。強い緊張から何らかの会話をせざるを得ないと感じる対人距離なのだ。

 

紹鴎が躊躇し、有楽が見限り、利休が乗り越えることにこだわり続けたのがこれだったのだ。

茶室の小型化の作業とは、建築造形以前にこの対面距離が生む葛藤をどう処理するかを考えることだった。

利休の挑戦した相手がみえて来た。20150129214303834_0005

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

利休の建築的才能について

京都に秀吉の作った聚楽第は、城であるとともに、家臣の居住区をもつ地方出身者たちの新興住宅地でもあった。

ここに秀吉から屋敷地を拝領することは秀吉に従う者たちの名誉であり、ステ-タスでもあったから、大名小名みな競って金銀いらかを並べた数百軒の屋敷がたちまちに出来上がった。

 

その中に、寺ともなく武家とも見えざる家があった。その門は二重屋根に瓦を並べ、内の住まい由ありげにして、高くもなく、低くもなく、勾配そらず、勾配早くもなくぬるくもなく、破風口、こし廻りに至るまで他家に替り様子のしおらしいことは、言葉に表しようがないほどである。

あまりのことに、門の傍らにいた小者に、こちらはどなたの住まいかと問えば、利休居士のお屋敷である、と。

ここで記録者は初めて納得することになる(佐久間不干斎の明記集より)のだが、これだけの表現でも、利休屋敷の好もしさが数寄屋好きにはピンと響くはず。是非にも見たかったものだが、失われたのが惜しまれる。

 

その評判は、四国の長宗我部が利休に茶屋(社交場といった位置づけ。)の設計(施工も)を依頼しているように、諸方の求めに応じて利休好みの屋敷を作ってあげていた様だ。職人の差配も利休が世話をしたであろうことを思うと、優秀な設計者というにとどまらず、企画から引き渡しまでこなしてしまう現代なら有能でやり手のディベロッパ-を想像してしまう。

 

ちなみに利休は身長180センチを超える当時では大男だったそうで、外観もエネルギッシュだ。こういう利休が小男だった秀吉の前に出ているところを想像すると、二人の対比は傍目にも奇妙なものに映っていただろうが、それを誰よりもわかっている大男の利休が、憑かれた様に次々と茶室の小型化を進めて行くのだ。

確かに注目をもって話題となったことであろう、体の小さな男が身に合った小さな入れ物を作ろうというのではないのだから。

 

茶室の小型化ということ、この項つづく。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254fce2c8ff4317049d2be1d91259706b4a-e1423112975202
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

数寄屋と茶室は違うものなの?

b21ed1b9e9b54bc874f0e4f52fbaed27

 

そろそろ秋の気配が待たれるこの頃です。

名月の下、数寄屋でお客様をお迎えする時期の到来となりますね。

 

さて、数寄屋と茶室という言葉ですが、使い分けの上では「数寄屋の一分野が茶室」という認識が一般的な理解であろうと思います。詳細は当サイトの記事「数寄屋の歴史」にも書きました通り、数寄屋の歴史上に茶室が表れてくるところからも、それはあきらかですが、近年住宅を主流としていた数寄屋が店舗・茶室に限定されてきたのは残念なことです。一般和風建築と数寄屋では何が異なるのかを知る人がなかなか少ないことからも、その傾向はわかりますよね。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

茶室のルールとは

0002

「茶室」とは、そもそも

”茶事の主催者が客を招き、茶を出して客人をもてなすために造られる施設”。これを原義とするなら後は自由に設計できそうですが、茶道にのっとるとなれば、そこにはお茶の各お流儀があり、各流祖のお茶室が祖型として存在していて、ここから大きく外れないような検討が必要になります。それとは別に各流儀共通の茶室内外でのしぐさ動線(美しく無駄のない挙措。例えばにじり口の引戸を開けた位置から目を上げると床の間が正面にある、という様なこと。)という制約もあり、これらを踏まえた検討もしておく必要があります。

要するところ、茶室のル-ルは、茶室のたどった歴史を知ることの中にあり、ということに尽きましょうか。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京から全国で一戸建てや店舗など数寄屋建築や和風建築の魅力をお伝えする松原設計室ブログでご覧ください

近代的な建物が群居する東京でも、伝統ある和風建築の豊富な実績を持つ松原設計室のオフィシャルブログでは、当事務所が得意とする数寄屋建築をはじめ、和風建築の魅力をお伝えしております。
これまでの施工実績をはじめ、現在進行中の案件などのご紹介もしておりますので、数寄屋造りの一戸建てや店舗の建設、既存建物のリニューアルをご検討中の方はぜひご参考になさってください。
千葉県浦安市に拠点を置く松原設計室では東京をはじめ、ご依頼をいただければ全国各地に出張しております。今では希少価値さえある歴史と趣ある数寄屋造りや、純日本家屋の建築設計を承っております。和モダンのマイホームなど、幅広いご要望にもお応えできますのでお気軽にご相談ください。