利休の建築的才能について

京都に秀吉の作った聚楽第は、城であるとともに、家臣の居住区をもつ地方出身者たちの新興住宅地でもあった。

ここに秀吉から屋敷地を拝領することは秀吉に従う者たちの名誉であり、ステ-タスでもあったから、大名小名みな競って金銀いらかを並べた数百軒の屋敷がたちまちに出来上がった。

 

その中に、寺ともなく武家とも見えざる家があった。その門は二重屋根に瓦を並べ、内の住まい由ありげにして、高くもなく、低くもなく、勾配そらず、勾配早くもなくぬるくもなく、破風口、こし廻りに至るまで他家に替り様子のしおらしいことは、言葉に表しようがないほどである。

あまりのことに、門の傍らにいた小者に、こちらはどなたの住まいかと問えば、利休居士のお屋敷である、と。

ここで記録者は初めて納得することになる(佐久間不干斎の明記集より)のだが、これだけの表現でも、利休屋敷の好もしさが数寄屋好きにはピンと響くはず。是非にも見たかったものだが、失われたのが惜しまれる。

 

その評判は、四国の長宗我部が利休に茶屋(社交場といった位置づけ。)の設計(施工も)を依頼しているように、諸方の求めに応じて利休好みの屋敷を作ってあげていた様だ。職人の差配も利休が世話をしたであろうことを思うと、優秀な設計者というにとどまらず、企画から引き渡しまでこなしてしまう現代なら有能でやり手のディベロッパ-を想像してしまう。

 

ちなみに利休は身長180センチを超える当時では大男だったそうで、外観もエネルギッシュだ。こういう利休が小男だった秀吉の前に出ているところを想像すると、二人の対比は傍目にも奇妙なものに映っていただろうが、それを誰よりもわかっている大男の利休が、憑かれた様に次々と茶室の小型化を進めて行くのだ。

確かに注目をもって話題となったことであろう、体の小さな男が身に合った小さな入れ物を作ろうというのではないのだから。

 

茶室の小型化ということ、この項つづく。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254fce2c8ff4317049d2be1d91259706b4a-e1423112975202
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

数寄屋と茶室は違うものなの?

b21ed1b9e9b54bc874f0e4f52fbaed27

 

そろそろ秋の気配が待たれるこの頃です。

名月の下、数寄屋でお客様をお迎えする時期の到来となりますね。

 

さて、数寄屋と茶室という言葉ですが、使い分けの上では「数寄屋の一分野が茶室」という認識が一般的な理解であろうと思います。詳細は当サイトの記事「数寄屋の歴史」にも書きました通り、数寄屋の歴史上に茶室が表れてくるところからも、それはあきらかですが、近年住宅を主流としていた数寄屋が店舗・茶室に限定されてきたのは残念なことです。一般和風建築と数寄屋では何が異なるのかを知る人がなかなか少ないことからも、その傾向はわかりますよね。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

茶室のルールとは

0002

「茶室」とは、そもそも

”茶事の主催者が客を招き、茶を出して客人をもてなすために造られる施設”。これを原義とするなら後は自由に設計できそうですが、茶道にのっとるとなれば、そこにはお茶の各お流儀があり、各流祖のお茶室が祖型として存在していて、ここから大きく外れないような検討が必要になります。それとは別に各流儀共通の茶室内外でのしぐさ動線(美しく無駄のない挙措。例えばにじり口の引戸を開けた位置から目を上げると床の間が正面にある、という様なこと。)という制約もあり、これらを踏まえた検討もしておく必要があります。

要するところ、茶室のル-ルは、茶室のたどった歴史を知ることの中にあり、ということに尽きましょうか。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京から全国で一戸建てや店舗など数寄屋建築や和風建築の魅力をお伝えする松原設計室ブログでご覧ください

近代的な建物が群居する東京でも、伝統ある和風建築の豊富な実績を持つ松原設計室のオフィシャルブログでは、当事務所が得意とする数寄屋建築をはじめ、和風建築の魅力をお伝えしております。
これまでの施工実績をはじめ、現在進行中の案件などのご紹介もしておりますので、数寄屋造りの一戸建てや店舗の建設、既存建物のリニューアルをご検討中の方はぜひご参考になさってください。
千葉県浦安市に拠点を置く松原設計室では東京をはじめ、ご依頼をいただければ全国各地に出張しております。今では希少価値さえある歴史と趣ある数寄屋造りや、純日本家屋の建築設計を承っております。和モダンのマイホームなど、幅広いご要望にもお応えできますのでお気軽にご相談ください。