炉灰の話

茶室の解体保存、或いは炉灰の話。

 

先日知り合いの設計事務所から聞かされた話だが、茶室解体を任せた工務店の監督に一言の注意を忘れたことから、炉の灰を処分されてしまったという。

施主の落胆ぶりはそばで見ていられない程酷いもので、針の蓆にいる気持ちとはあれだったと、この手ひどい失敗をしきりに反省していた。

 

無論、工事現場の人間が炉の灰の底取りができるわけのものではないから、炉縁・炉壇と同様、炉灰にも保存措置が必要なことだけでも、茶室を扱う者には知らせるべきだった。

だがそもそも、その程度の経験しかない工務店に茶室を任せたことが問題にはちがいない。

 

数奇屋の工務店選びは、監督・大工だけでなく、チ-ムとしてタッグを組むことになる左官・建具・経師・瓦師から設備業者まで一様に茶室への理解と施工精度が問題で、その力量を事前に見極めておく必要がある。

その時になって探し回るということはあり得ない。

茶室への理解といっても、職人が茶人であることまで期待するわけではなく、まずは予断のない学習心と謙虚さをもって望んでくれれば充分である。

 

さて、今日の灰の話の本題へ。

 

茶人は炉の灰をつくるために毎年土用の炎天下を汗みずくになって、せっせと灰作りに励んで炉開きの時期に備える。

先生クラスの6,70の年配の方なら、かれこれ3,40年の歳月を掛けて作り上げてきた大事な灰である。

手入れのよい灰なら古いほど良い。

茶道具屋へ行けば市販の風炉灰を買うこともできるが、それ程に手入れをされた灰の何が良いか。

 

まず黄褐色となった色がよい。市販の灰は青灰色をしている。

炉中で炭の火を浴びた灰はそれだけでも、序々にではあるが年々色づいてゆく。

さらに夏の手入れの時期に番茶や丁子の煮汁を掛けて色づけしたあとに、何段階もの入念な篩い作業があり、これを毎年繰り返していくことで滑らかな微細の粉に変わってゆく。

このような作業を繰り返して、とにかく手塩に掛けた自分好みの灰へと育ててきたものなのだ。

 

次の良さは灰型を作る際の、鏝の決まりが気持ちよい。

そこまで育った灰は、灰型を作ったときにぴったりとして鏝の決まりが良い。

これは灰の粒度が長年の手入れと篩いを経て非常に微細な滑らかさを持つに至ったことからくる結果なのだから、幾十年の歳月そのものの価値ともいえるものだ。

これを捨てられたら、もうその工務店に茶室を頼む気が失せて当然だ。

 

有名な話で、茶室が火にかかれば、茶室の主はまず何より炉の灰を取り出して逃げる、という位、よくできた灰は茶人の愛着のこもった一財産だ。

 

以上は建築とは無関係の裏の話のようではあるが、知らずには済まない話でもある。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

抱一の井戸

 

酒井抱一の井戸

 

江戸中期、琳派の画人として著名な粋人に酒井抱一がいる。光琳の向うを張った「風神雷神図」も良いが、同じ屏風の裏側に描いた「夏秋草図」が爽やかで好きな絵だ。

夏の午後、突然の雷鳴とともに激しい夕立の一時が過ぎ去ると、あとには一陣の冷ややかな風が庭先の垣の蔦を吹き上げて軒内に入ってくるという描写が涼しさを呼んで、目が洗われる。

 

さて、この抱一があるとき深い井戸を掘らせたが、あとから砂で埋めて浅く見せたという。

 

この話を山崎正和は「月も雲間のなきは嫌にて候」と同様の、アイロニカルな構想に美を捉える日本人好みの発想、ととっているが違うように思う。

この逸話は粋にかかわるモノとして解釈すべきで、深井戸は金のかかる仕事なので、そのお大尽ぶりの臭さを消すため、砂を入れ浅く見せたのである。natuakikusa07

 

この種のはなしは、お茶の逸話として時々目にするものだ。

 

本当はかなり神経を使っているのに、動揺する様子が気恥ずかしいのか、それ程でなくても底にテレがあるのか、まるで自然を装おうとする行為。

 

お茶の舞台は、自然の推移に趣味を寄せつつも、山居に似せた露地作りや旬のしつらいに‘らしさ’を装うことが避けられないという、裏の楽屋を持っている。そこでは自然と人為のバランスが気付かれぬように、うまく納まっていなくてはならない。 

 

利休は他人の行為に人為を感知すると、とたんにそのあとのことに関心がうすれて嫌気がさすようで、ぷいと帰ってしまったりする。それでいて、逸話の利休は自分の仕掛けた人為は上手に隠そうとしている。

うまく隠せればいいのか。

諸書に残されているこの矛盾は、創作はしたいが、自他の人為を扱いかねている利休の当惑が記録に残ってしまったのだろう。

 

いつも釜をかけていると評判の茶人を訪ねると暫く待たされて入った茶室の炉壇が実は冷えていたのに興ざめして帰ってしまった話とか、偶然の到来ものでと出された料理が、実はこの日の茶会のために用意し昨夜早かごで届いた品であるのがわかるや、興ざめして早々にかえったという逸話など、利休のこの種の話はよく目にする。招く方も気苦労であったろう。

 

逆に利休の側からは、露地の掃除は落葉を掃き清めたあと、改めて枝を揺すり2,3葉を散らせることで自然らしくなると教えたり、秀吉が見たがっていた朝顔の花群を全部刈ってしまって一輪だけ見せたりなど、人為の極みを実行している。そうかと思えば、ノ貫 ヘチカン という侘び茶人に招かれ時には趣向とわかっていながら落とし穴に自ら落ちて泥だらけとなり、用意された風呂で着替えて、この時は嬉しそうにされるがままになっている利休もいる。

 

一転これが名人の残した人為となると、かなりの不自然でもそのまま鑑賞に堪えている利休がいる。松屋名物の除煕の鷺絵(義政から拝領した珠光が書院広間用に表具したもの。)を小間の床に掛かるよう長さを詰めたいと依頼すると、あの珠光の表具したものをいじるなど論外で、ただ垂らして余った下裾は巻いて置けば宜しいと拒絶して取り合わなかったという逸話など、利休の珠光に対する敬意を示した話として有名だが、利休お気に入りの織部なら迷わず切り詰めたかもしれない。

 

これとよく似た話だが、遠州の利休への敬意を表す逸話として、利休切継 キリツギの茶入れ(割れた陶器を漆で継ぎ復元することが切継。金色漆で継ぐことが多くこれを金継ぎという。)の切継手直しを相談された遠州が、利休がよしとして残したものを改めるなどすべきでない、と取り合わなかった。この時の遠州の脳裏には利休の逸話がよぎっていたことだろう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

煎茶席と数奇屋の岐路

煎茶席と数奇屋の岐路

 

同じ茶文化といいながら、煎茶趣味と抹茶の数寄屋趣味がどうしてここまで違っているのかと考えると、それぞれが辿った歴史を思って感慨が尽きない。

 

数寄屋をこよなく愛でる我々からすれば、数奇屋趣味は奈良(求める共通のセンスがあったと辿れる上限としての)時代の昔から日本民族に固有のものだろうと考えたいところだ。

けれどそれ以前の中国の詩文を伺うと、著名なところでは陶淵明(六朝)の帰去来詩や王維(初唐)の竹里館詩などにそれと認定したくなる美意識が伺えるのはさすがに世界帝国であった中華らしく、洗練された文化の歴史があるのだ。

 

と言うことから数歩譲ってその影響を受ける部分があったにせよ、わが上代の教養人たちもそれを受けて我が国風儀に咀嚼してゆく感性があったことは確かなので、白居易詩が大ブ-ムであった嵯峨朝の頃(BC.800頃)は、両者共通といえぬまでも相似た趣味感性を持っていたことになる。

 

その目指すところは、俗界の喧騒・競争社会を離れて、遠く山林での閑居をしきりに思うという共通の理想世界。というのも当時の教養人社会は一方で中央官庁の役人としての縛りの中にあった事情と深く関連していよう。

この共通の憧れとなっている世界が、時代と共に徐々に具体性を帯びてくる。

 

 

大陸では、宋時代の陸羽の登場と自然山水を眼前に彷彿とさせる北宋画巨匠時代の到来で、老荘の古典や禅を背景とした山水画の世界に憧れるという方向性が与えられ、この夢想世界と結びついた茶趣味があちらでは陸羽の煎茶世界として集大成された。そこでは山水の画が掛けられ、仙境に憧れる漢詩の鑑賞と詩作の会が進行する。

 

こちらでは閑居に憧れる表現世界が、鎌倉末頃には小倉山荘の定家卿が主導する和歌世界の無常観というフィルタ-を経て変遷してゆく一方で、新時代の寺院社会が育んだ大陸の禅や老荘に拠る文人画家の表現に見る大陸の新感性とが並び立つ鎌倉後期を迎え、それぞれの理想世界を実現しようとする手段と方法にすくなからぬ違いが生じてきたが、一方ではこれらが結びついて数寄屋の感性を多様に色付けし、やがては茶の湯の登場となってゆく。煎茶の登場は遅い。

 

わが国の煎茶史上の主だった人物というと江戸以降となるが、石川丈山、松花堂、売茶翁、寛政以降の学者・文人等が挙がるが、いずれも自由人として主取りの仕官を避けて自活の生活に徹したのは、大名茶人・富裕商人のひしめく抹茶界と大きく異なるところだ。

煎茶趣味の席には石川丈山の詩仙堂、松花堂昭乗の滝本坊、頼山陽の山紫水明処、などが挙がる。席主の精神の根底には儒学漢学の素養と老荘への親近が共通にあるであろう。言うまでもなく、こちらは和歌とは無縁である。

 

煎茶席にあり数奇屋に見ない著しい特徴は、変木・奇木を好んで用いていることであろうか。

 

竹の使用箇所・頻度も数奇屋を越えるであろう。リアルな山深さは数奇屋の求めるところではないので、かかる趣向の席に出会えば煎茶の趣味を反映した主人であることに気づく。そして基本には中華の文芸が根を張っていることが欠かせない。

 

 

同じ茶を楽しむと言っても、茶葉そのままを粉にして味わう抹茶と新茶を湯に浸潤させた液を味わう煎茶とは、味わい方の違いそのままに、浸る世界(茶席)も、想念を凝らす世界(思想)も、別のものと言わざるを得ない。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京から全国で一戸建てや店舗など数寄屋建築や和風建築の魅力をお伝えする松原設計室ブログでご覧ください

近代的な建物が群居する東京でも、伝統ある和風建築の豊富な実績を持つ松原設計室のオフィシャルブログでは、当事務所が得意とする数寄屋建築をはじめ、和風建築の魅力をお伝えしております。
これまでの施工実績をはじめ、現在進行中の案件などのご紹介もしておりますので、数寄屋造りの一戸建てや店舗の建設、既存建物のリニューアルをご検討中の方はぜひご参考になさってください。
千葉県浦安市に拠点を置く松原設計室では東京をはじめ、ご依頼をいただければ全国各地に出張しております。今では希少価値さえある歴史と趣ある数寄屋造りや、純日本家屋の建築設計を承っております。和モダンのマイホームなど、幅広いご要望にもお応えできますのでお気軽にご相談ください。