御簾越の姿

女姓の不注意から起きるかもしれない不始末 

 

欠けたることのない望月を謳歌した、かの藤原道長は一条帝の時代(西暦1千年ころ)の人だが、この時代は彼の娘である中宮彰子 チュウグウショウシ*1 に仕えた紫式部の時代でもあり、彼女の才能を高く評価した道長から頻繁に高級料紙(原稿用紙として)を与えられたり、ときには求愛されたこともあるなど、こうして身近に接していた道長をモデルとして主人公光源氏を造形していたことは有名な話だ。

このようなわけで源氏物語の舞台は、同時代の宮廷の建築世界でもあったから、その文章から当時の人の住まい方が見えてくる所がまたおもしろい。

そこで今回は、御簾 ミス をめぐっての話。御簾とは高級すだれのことで、竹ひごを編んで周囲を布で縁廻したものを言い、へやとへや、へやと広縁の間に鴨居より吊り下げ結界として使ったものが、以下の話の小道具となっている。

 

道長の時代は女性が居間で男と会話するのも御簾越しで声をかわす時代で、顔かたちをあらわに見せることは無論、からだの一部を直接見られることもご法度だから、源氏物語の光宮の幼妻・女三の宮*2 のように、飼い猫が首に付けた紐を引っ張った為に開いた御簾の隙間から顔を見られたばかりに、男から一方的に思いを懸けられ、女の抗弁できぬ幼さから不倫にまで至ってしまうなどということは、思いを懸けた男が悪いとも言えるが、そもそも魅力を纏う身の自覚もない油断をしていた事を思えば、あってはならない当の女の不注意から起きた不始末とされる時代である。

そうなったあとでは、それがいくら深淵のお嬢様で子供っぽさが残っていたからなどと抗弁しても、もはや軽蔑の対象でしかなかったらしい。そのように扱った光源氏が格別厳しいわけではないようだ。*3

用意周到で怖いほどの慎重さが、大人とされる女性に求められる属性だった。

 

次は、それから一世紀ほど後の御所内の風景である。

2月ごろの月夜に、二条院に人々が集まって物語などしていたが、さすがに夜長のこととて話疲れ、眠くなってきたのであろう、その中のひとり周防内侍 スオウノナイシ という女性が横になって、小声で「枕がほしい。」とおもわずささやいたのを、たまたまそれを聴いた大納言忠家という男がこれを枕になさい、と御簾の下から自分の腕を差し入れてきたので、眠気もさめた内侍はとっさに歌で返事をした。それが百人一首に残っている次の歌。

 

春の夜の 夢ばかりなる 手枕タマクラ に かひなく立たむ 名こそおしけれ

(意訳:この春の短か夜の夢ように素敵な、あなたの差し出してくださる手枕一つをここでお借りしたばかりに、あとあとまでいわれない浮名が立つようでは困りますので、どうぞお気遣いはご無用に。)

 

上記の光景からわかることは、室内側に女性陣が群れ、御簾をへだてて一段下がった広縁側に男性陣が居並んで長夜の宴が展開されていた、ということ。

ここで疑問におもうのは、二月の月夜とは旧暦のことだから今の3月下旬としても、夜半はまだ寒そうな時期だ。

御簾があるとはいへ室内の女性陣も、室外の広縁の男性陣はなおさら、その寒さをどうしのいでいたのだろう。

さらにこの座に帝もいたとしたら、どのような位置に、どういう衣服状態でくつろいでいたのであろうか。

 

じつは一つの事実として分かっていることがある。貴族の邸宅に努める中級しもべ達には部屋が与えられず、夜間は吹きさらしの広縁(家の外だ)の一隅で寝を取っていたという時代考証がある。

このことから類推すると、早春の夜のいっとき程度の寒さは、しばし風雅に身をやつす遊びに参加する栄誉に比べれば、その主人たちにとってもどうにかしのげることだったのだろう。考証で明らかとは言え、この辺の事情は現代人の理解を超えるため映像で描かれることはないが、それにしても下部には残酷な扱いというしかない。

 

 

*1  中宮とは帝の正妻である女性の称。 

 

*2  光源氏の正妻には 紫の上 という理想的女性がいるが、このほかにそれぞれの理由で何人かの女性が身辺におり、女三の宮は亡き兄帝から託されて妻に迎えたその兄の愛娘であり、あまりの子供っぽさと上記の成人女性としてのたしなみの無さゆえに、夫である光から女性としての関心をもたれることがなかった、という事情がこの事件の背景にある。

 

*3  このことで偶然この御簾の隙間から女三の宮の容姿を目にしてしまった光源氏の親友頭の中将 トウノチュウジョウ の息子・柏木 カシワギ は恋に煩い、遂には女三の宮に通じて子を成し、この罪悪感から悩み死んでしまう。これを考えれば女性のこの種の不注意はまことに罪深いと言わざるをえないわけだが、この展開は事情が込入って面白く、解説仕出すときりがないところなので、未知の方は簡潔な圓地文子訳あたりで、ぜひ御一読を。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大メン柱のこと

座敷の施工を進める過程で、柱の大メン(ダイメン)を決めるという作業がある。

 

大メンというのは、おもに座敷柱について言われる言葉で、一番目につく場所にある柱(これを大メン柱という)の、座敷に面している柱面のことを意味している。あとあと、座敷の印象がこの目に付き易い柱の表情で左右されることから、どの柱を大メンとして扱うかが、座敷作りでは特に重要視される。

 

工事前の下小屋における諸材料の下拵えの段階で、まず座敷の柱を本数分揃えて、材の色調や木目の感じが不揃いになっていないかをチェックし、さらにそれぞれの柱を部屋の必要とされているどの位置に据えるかを決めて行く作業がある。

この作業でまずやることが大メン柱の決定になる。

 

床の間の床柱(角柱)や脇柱が大メン柱の筆頭にあたるが、この他にも床廻り以外に大メン柱を必要とする場合がある。たとえば、客が入室し順当に着席が決まったときに、主客の正面近い位置に柱が立つことがある。このときなど、主客目線で正面に見えている柱の面をも大面扱いとすることが多い。

 

大メン箇所ではその柱の四面のうち、とくに良い表情をみせている箇所をあてがうのは勿論だが、残りの三面の検討で無駄のない利用法を考えて行くようにする。

一般の柱では、杉、ヒノキや松など、ふつうは柾目の通ったものを上等なものとして喜ぶが、床柱では柾以外にも、あえて柾目を脇へ寄せ大メンには杢目や中杢、中板目といった板目を見せて景色とすることが多い。

また、広間などでは大面として見せたい柱が何本もある場合があり、そのときは選定段階で各柱のもつ大面に等級をつけて、その位置からくる優先順に配置してゆくようにする。

 

今は当たり前になっている四面集成材の柱であったり、ムク材でも追い柾*1 の四方極上柱であれば苦労はないが、芯持ちの柱では将来の割れ止めに必ず背割りという楔形の隙間を入れてあるので、そこは壁付面に回すなど使用法も決まってくる。

実際に建具が入ったり、壁がついたり、押入れのなかに隠れたりする箇所が多いので、予算が充分で事前に必要な本数が確保できる場合は別だが、ふつうの住宅では平面上の検討で用意しておけばだいたいはなんとかしのげるものである。

 

注意すべきは土庇の独立柱で、ここは座敷から庭からというように周囲からの目線が届く場所なので、その柱の背割り(見せたくない!)の向きを考えるに当たっては、室内とは違った注意が必要になってくる。要は客の動きとその視線を予測してなるべく目に触れない向きで決定するというに尽きるが、こればかりは実際にあたって経験してゆくしか伝える方法がない。

 

*1:丸太からの木取りの仕方に付けられた名前で、角柱の断面を見て一方の対角線方向に木目が走る材料の取り方を追い柾といい、4面とも柾目になるので床柱などでは最高の木取り法である反面、芯持材ではないので圧縮荷重に弱い欠点ともなる。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京から全国で一戸建てや店舗など数寄屋建築や和風建築の魅力をお伝えする松原設計室ブログでご覧ください

近代的な建物が群居する東京でも、伝統ある和風建築の豊富な実績を持つ松原設計室のオフィシャルブログでは、当事務所が得意とする数寄屋建築をはじめ、和風建築の魅力をお伝えしております。
これまでの施工実績をはじめ、現在進行中の案件などのご紹介もしておりますので、数寄屋造りの一戸建てや店舗の建設、既存建物のリニューアルをご検討中の方はぜひご参考になさってください。
千葉県浦安市に拠点を置く松原設計室では東京をはじめ、ご依頼をいただければ全国各地に出張しております。今では希少価値さえある歴史と趣ある数寄屋造りや、純日本家屋の建築設計を承っております。和モダンのマイホームなど、幅広いご要望にもお応えできますのでお気軽にご相談ください。