創作は記憶の中に・2

幼童期の感興の持続・2

 

芸術家の表現は、過去の幼童期の感興を再現しようという試みではないか、という考察のつづき。

 

かつて小生が高校へ入学して間もなくの頃、現代国語の先生より佐藤春夫や島崎藤村など一部の日本の代表的青春譜の作者たちの詩などは、君らが15,6歳のころの今の感性で出会わなかったら、数年して鑑賞するには手遅れになると脅され、かなりの本気で向かい合ったことが、いまにして感謝される。

 

156歳が持つ感受性が後年にまで持続できないことは、たとえば、当時の輸入欧米雑誌掲載の美しいグラビアの収集をいま取り出して見れば、情けないほど何の感興ももたらさないものと化している現実から実感できることだ。こうなると、自分の中に当時感激して作り上げた、今もいきいきと再現可能な心象の方が真実で、それをかつて形作ってくれた目の前の平凡な出来のグラビアはすでに虚像、ということになる。

(心象が真実で、それ以外は虚像-これは茶室待庵を訪ねた体験からも言えることで、待庵訪問以前に写真・ビデオで映像としての待庵がすっかり脳裏に出来上がっていたので、現実の薄暗いだけの待庵訪問で何かが自分の中にもたらされることはなかった、一面逆に、何かの残骸を見ているような寂しい思いすらしたものだった。)

 

15・6歳のもつ感興のエネルギ-は大変なもので、四季の気配にすら敏感に反応し、其の季節でなければならない風物を、深い感興と共に見えないものまで見て記憶に畳み込む。

 

冒頭の幼童期の感興の再現が芸術家の目的になるというのも、後年からの刷込みとは格段に深度が違うのだから当たり前だ。 

「芸術家は理論を習う前に、幼いときもっと根本的な体験をしており、彼のその後の成長と円熟はこの根本的体験につながる表現へと迫ってゆく。」と、吉田秀和(「ソロモンの歌」)に同様の指摘があることを最近知る。

 

このことは文学・美術の分野に限らず、発明・発見に創作を必要とする数学の分野に於いても同様の事があるようだ。

 

数学者藤原正彦によれば、大天才と言われる程の数学者と、彼が生まれ育った自然環境との間には密接な関係があるそうで、幼童期の美しい風景こそがその育成に不可欠とのことだ。これは藤原が近代数学の天才の伝記を執筆するに当り、彼らを生んだそれぞれの故郷を訪ね歩いた結果の結論だった。

 

これと似た事を同じ数学者・岡潔がその随想に残している。いわく「数学を仕事とする上で、研究対象が美しい風景をもつものでなければ、取り組む気にはなりません。」と。

数学には風景というものがあるらしく、岡教授はインスピレ-ションの源泉として「懐かしさ」という感興を大事にしていた。

 

また、数学をやっている人が、整数論は美しいと言っているのを耳にする。なかでも素数列はとくに美しい、などという。

 

数日前この整数論の分野で最大級の謎とされていた「ABC予測」の証明を果したことで話題を呼んだ京大数理研の望月新一教授なども、きっと岡教授のいう美しい風景をみつめてきた人なのだろう。

その機微はわからぬながら、美意識が働き出すことで強い動機付けに結びつく日本人らしい創作の実態があるのだろうと、小生などは受け取っている。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

創作は記憶の中に・1

幼童期の感興の持続・1

 

芸術家の表現は、過去の幼童期の感興を再現しようという試みではないか、という考えが消えない。

 

かつて石彫などの造形作家として活躍していたイサム・ノグチが、かつて作陶の師としていた筈の北大路魯山人(作陶・篆刻・書・料理の分野で活躍)の作品をさして、「単なるジレッタント(亜流)にすぎない」と切り捨てるように書いているのを見て以来、覚えた違和感がまだ残っている。

(たださえ北大路魯山人という人物は強烈な自負をまき散らした生き方で多くの敵を作っているが、小林秀雄の盟友、かつ審美眼の師表としてもその意見に定評があった青山次郎が「彼の書には魂がない」と断じたことなどが当時の鎌倉論壇に決定的に働いたこともあり、魯山人批判はいまも根強い。これ以上触れると今日の主題が消えるので、ここでやめる。)

 

確かに魯山人の作には仁清・志野・織部はては乾山と、□□風が多いのだが、彼の作陶は観賞用というより、現実の料理を盛ったときの楽しさ・美しさを添えるための物であったから、このような遊び心は当然あるべき要素の筈である。そのことがここまで否定されるようなことなのだろうか。

どれも見る者に楽しく破たん無く出来ている。料理を愛する魯山人が手元にそれら伝統美の匂い立つ器を自ら作り配し、自らの調理を盛り込んで知人たちと食事を楽しもうとする行為はごく自然なことだ。この楽しみは彼一人にとどまらず多くの貴紳の望むことでもあったので、彼が料理茶屋・星が岡茶寮を開くやたちまち評判をとったのだった。

(それらの器は今では魯山人作としての相応の価値をもち、それらを実見する愉しみのため、器の多くを所蔵することで有名な福田屋(東京赤坂)や八勝館(名古屋)といった料亭へ足を運ぶ人が少なくない。)

 

 

このように芸術家の創作活動の成果が、全くのオリジナルか否かが時に話題となることがあるが、日本においても創作の初めは師の模倣から始まることは普通のことで、それが正道でもあった。

芸術家が長じて独創を求められるようになったのはごく近代のことではなかろうか。それまでは、例えば江戸中期のいわゆる琳派絵師が好んでする画題の継承といった、師の作品に似せてモノ作りすることは、ときに 写し としてそれなりの歓迎をもって遇されてきた歴史もある。

 

純粋の創作にこだわる姿勢の是非・評価は分かれる所だが、創作が過去の学習を認めず、伝統に連なることを拒むなら自ら孤高を行くしかなく、そこは理解者の存在しない世界を意味するが、そこで絶対者となってどんな意味があるというのだろうか。今では語る人も少なくなった、庵治石アジイシを使ったノグチのオブジェの存在は、その象徴のように見える。純粋芸術の中に住もうとするノグチが、実用の世界に立つ魯山人にものいうということが、大きな勘違いというべきではなかろうか。青山次郎もしかりで、魯山人は自分の書について永らく盛唐の書を模していたが、晩年はひたすら良寛の書を慕ったという。しかし、自ら仏者の精神性を表出して競うことまでは考えていなかっただろう。高い精神性を求めるのは勝手だが、魂がないとは恐れ入る。

 

アメリカで生まれ幼少年期(この時期とてアメリカ人母堂の意志で米人用スク-ルへ通っている)を除いて殆どアメリカ文化の中で成人し、そこを活動の場としてきたノグチには、どうも日本文芸の味わいへの理解が希薄だったとしか思えない。

すなはち、日本文芸への共感を可能とする幼少期の体験素地がなかった例となるのではなかろうか。(これはイサム・ノグチを取り巻く、或る意味、たいへん不幸で激烈なプロフィルをwikiでみていただくと事情が納得できると思う)

 

この項つづく。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松原設計室
http://www.sukiyakenchiku.com/
住所:〒279-0001 千葉県浦安市当代島2-4-1-412
TEL:047-354-1254
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京から全国で一戸建てや店舗など数寄屋建築や和風建築の魅力をお伝えする松原設計室ブログでご覧ください

近代的な建物が群居する東京でも、伝統ある和風建築の豊富な実績を持つ松原設計室のオフィシャルブログでは、当事務所が得意とする数寄屋建築をはじめ、和風建築の魅力をお伝えしております。
これまでの施工実績をはじめ、現在進行中の案件などのご紹介もしておりますので、数寄屋造りの一戸建てや店舗の建設、既存建物のリニューアルをご検討中の方はぜひご参考になさってください。
千葉県浦安市に拠点を置く松原設計室では東京をはじめ、ご依頼をいただければ全国各地に出張しております。今では希少価値さえある歴史と趣ある数寄屋造りや、純日本家屋の建築設計を承っております。和モダンのマイホームなど、幅広いご要望にもお応えできますのでお気軽にご相談ください。