お問い合わせから引渡しまでの流れ

その1 お問い合わせ

住まい・建物に対するご希望を伺い、イメ-ジを確認します。

次へ

その2 調査

住まい・建物周辺の設備状況・法規制・各種補助制度の有無を事前に調査・確認します。

次へ

その3 基本計画

お問い合わせ内容と調査結果をまとめて再構成し、スケッチと模型により提案します。さらに打ち合わせを重ねながら、最終案を固めていきます。

次へ

その4 設計契約

基本計画の最終案がまとまったら、設計・監理に進む前に設計契約を締結します。

次へ

その5 実施設計

工事用の図面(実施図)を作成します。この図面をもとに、工事業者は見積もりと施工を行います。

次へ

その6 官庁申請

確認申請や消防法関連手続きなどの書類を作成して提出します。

次へ

その7 業者選定

作成した実施図をもとに、複数の工事業者から提出された見積書を比較検討して、最終工事請負業者(施工業者)を決定します。

次へ

その8 工事契約

工事施工会社との契約を締結します。

次へ

その9 工事監理

定期的に現場のチェックと打ち合わせを行い、図面どおりの仕事が行われているか、現場内外の工事の進め方や近隣への配慮の有無など、施主に代わって施工業者を指導、ときには連携して円滑な運営をリードしていきます。また進捗にともない、各所工事にかかわる加工現寸図を起こして現場へ指示し、計画変更などへの対応も行います。仕上がりを決定する大事な工程です。

次へ

その10 検査・引渡

予定引渡日を控えた頃、最終の仕上げチェックを行い、必要な調整を行って引渡となります。